【SONY RXシリーズ】比較してみた RX100 vs RX100M2 vs RX100M3【画像あり】

カメラ

高級コンデジとして人気の高いSONY RX100シリーズを比較していきます。

RX100シリーズの1.0型センサーはセンサーサイズがスマホより大きいため高画質に撮れます。

高画質でかつ一眼レフやミラーレスより小型で持ち運びにも便利です。

今回は6万円以下で入手できるRX100、RX100M2、RX100M3を紹介します。

SONY Cyber-shot RX100シリーズ

高級コンデジで有名なSONY Cyber-shot RX100シリーズ。

初代Cyber-shot RX100が2012年に発売され、2020年現在は最新機種であるRX100M VIIを含め、8種類がラインナップされています。(Amazon価格,2020年5月25日)

値段が高いほど性能は良くなるのでスペックで言えばRX100VIIが最も高性能です。

しかし、資金には限りがあるのでどこまで妥協できるかが問題になってきます。

僕は真ん中のグレードであるRX100IIIを買ってみていい買い物をしたと思ってます。

RX100シリーズ全般の話やその中でもRX100IIIをおすすめ理由についてご紹介します。

RX100シリーズはボケた写真 × 綺麗な夜景が撮れる

1.0型イメージセンサーを搭載

ソニー Cyber-shot DSC – RX100シリーズに使われているセンサーは1.0型センサーと言われます。

1.0型センサーと呼ばれる理由は、レンズから受光するイメージセンサーの面積が1.0型(1インチ)だからです。

一眼レフやミラーレスではそれよりも面積の大きいAPS-Cフルサイズと呼ばれるセンサーを使っています。

さすがに一眼レフみたいなカメラには劣りますが、スマートフォンのイメージセンサーに比べるとはるかに大きく高性能です。

センサーが大きいことのメリットですが、大きく2つあります。

一つ目は背景がボケた写真が撮れることです。

まずはiPhone XRで撮った写真。

スマホのほうにセンサーサイズが小さいカメラの場合、画像全体にピントが合います。

手前のゴジラと奥のピカチュウ両方にピントが合ってます。

次にRX100M3で撮影した写真。

手前のゴジラにだけピントを合わせ、奥のピカチュウをぼかしました。

SONY RX100シリーズは1.0型と大きいセンサーを使っているので対象の物体にだけピントを合わせ、背景をぼかすことができます。

ポートレート写真に便利です。

二つ目は暗いところでもきれいな写真が撮れることです。

スマートフォンだと夜景があまりきれいに撮れないという欠点がありました。

イメージセンサーの面積が小さく、光を受ける面積が小さいからです。

街の夜景や星空を撮影したい場合に1.0型センサーのRX100シリーズが有利です。

F1.8の明るいレンズ

RX100シリーズは広角端でF1.8と明るいです。(RX100M6,M7はF2.8)

このF値には1.8、3.5、6.3などの数値がありますが、値が小さいほど光を取り込む量が物理的に多くなります。

F値が小さいことの利点は2つあります。

  • ボケた写真が撮れる
  • 暗い場所に強い

一つ目の “ボケた写真が撮れる” ですが、例えば手前がメインの被写体で他をぼかしたいときにF1.8とかに設定します。

F1.8に設定したときの写真です。手前のチョコパイにだけピントが合ってます。

F値を小さくすることでピントの合う範囲が狭まり、被写体を目立たせることできます。

逆に風景や集合写真など写真全体にピントを合わせたいときにF11とか大き目に設定します。

上の写真はF11で撮影したものです。奥のポテチにもピントが合ってます。

二つ目の “暗い場所に強い” は光を取り込む量が多くなるため、少ない光でもきれいな写真を撮ることができます。

暗い場所の問題はシャッタースピードを上げることでも解決できますが手ぶれが大きくなります。

SONY RX100シリーズのようにF値が小さいカメラだと手ぶれせずに暗所で撮影できます。

RX100シリーズの中でRX100M3をおすすめする理由

RX100シリーズには8種類のラインナップがあります。

2012年のRX100から始まり、今はRX100M7が発売されています。

その中で価格・性能ともにバランスの良いRX100M3をおすすめする理由を順に説明していきます。

RX100 vs RX100M2 vs RX100M3 スペック

RX100、RX100M2、RX100M3の比較です。

RX100RX100M2RX100M3
発売年2012年2013年2014年
Amazon価格(2020/05/25)37,480円44,000円57,500円
センサーExmor CMOSExmorR CMOSExmorR CMOS
画素数2020万画素2020万画素2010万画素
焦点距離(35mm換算)28-100mm28-100mm24-70mm
開放F(広角-望遠)F1.8-4.9F1.8-4.9F1.8-2.8
最短撮影距離(広角)5cm5cm5cm
最短撮影距離(望遠) 55cm55cm30cm
ズーム倍率3.6倍3.6倍2.9倍
ISO感度125-6400125-12800125-12800
Wi-Fiなしありあり
ファインダーポップアップ式外付けに対応なし
NDフィルターなしなしあり

RX100→RX100M2

RX100からRX100M2ではイメージセンサーの性能が向上しています。

RX100でExmor CMOS、RX100M2ではEXmor R CMOSが使われています。

RX100M2ではより高画質な写真撮影が可能です。

また、Wi-Fiや外付けのファインダーに対応し撮影の幅も広がります。

RX100M2→RX100M3

RX100M2からRX100M3では開放F値NDフィルター、さらにファインダーがポップアップ式になりました。

焦点距離は短くなったものの、広角寄りになりました。

また、開放F値が向上しボケや夜景に強いです。

RX100 vs RX100M2 vs RX100M3 コスパ最強のモデル

画素数やセンサーに違いはあるものの、購入を決定するにあたって大きな差ではないでしょう。

注目してほしい点は3つあります。

  • 開放F値
  • ズーム域
  • NDフィルター

これら特徴について順に説明していきましょう。

開放F値 RX100M3はF1.8-2.8

RX100とRX100M2では開放F値がF1.8-4.9、RX100M3ではF1.8-2.8でした。

広角側でのF値は同じですが、望遠側ではRX100M3のF値が小さいです。

つまり、望遠にしたときのボケ具合が大きく、暗い場所での撮影にも強くなります。

旅行にサブ機として持って行ったときにポートレートの写真を撮ることがありますが、望遠側でF2.8はありがたいです。

ズーム域 RX100M3は24-70mm

次にズーム域です。

RX100、RX100M2では28-100mmでした。

RX100M3では24-70mmと広角寄りになっています。

https://tantabi.com/wp-content/uploads/2020/05/DSC05840-scaled.jpg

好みの問題もありますが、僕は24-70mmのほうが使い勝手がいいです。

RX100シリーズのような高級コンデジは持ち運びが楽なので旅行に持ち運ぶことが多いのですが、せっかくの旅先での絶景はできるだけ広角で撮りたいものです。

RX100シリーズが使われる場面を考えると広角であったほうが便利かなと思います。

RX100M3はNDフィルター付き!

RX100M3にはNDフィルターが付いています。

NDフィルターとはなにか?については 【滝の撮影】NDフィルターの特徴と可変式NDフィルターを勧める理由【K&FコンセプトND2~400】 で詳しく解説しています。

簡単にNDフィルターについて説明すると、カメラのサングラスのようなもので光の量を減らす役割があります。

滝や川の撮影をするときなど、昼間にシャッタースピードを大きくすると過剰に光が入って白い写真になってしまいます。

NDフィルターを付けることで光を抑制し、シャッタースピードを大きく取ることができます。

このNDフィルターが付いているのがRX100M3です。

僕はよく山に行って川や滝を撮影するのでNDフィルターは重宝しています。

RX100 vs RX100M2 vs RX100M3 結論

RX100、RX100M2、RX100M3の中だとRX100M3に軍配が上がります。

F値が小さいこと(背景がぼかしやすい、夜景が得意)、NDフィルターがあることが大きな決め手です。

3つの中だと値段も一番高いですが、ちょっと奮発すれば買える価格差なので性能面からRX100M3がコスパ最強です。

SONY DSC-RX100M3がコスパ最強のコンデジ

Cyber-shot RX100シリーズだとコスパ的にRX100M3が一番良さそうです。

焦点距離24-70mm、開放F値1.8-2.8。

価格も6万円を切ります。

一眼レフとレンズを買えばもっとしますので価格としても手頃です。

最初のメイン機としても使えますが、ズーム域やセンサーサイズが1.0型ということで劣ります。

APS-Cやフルサイズの一眼レフ・ミラーレスを買ったらサブ機として十分に使えるでしょう。

次回:【2020年版】RX100M3 vs RX100M4 vs RX100M5 vs RX100M5A vs RX100M6 vs RX100M7徹底比較【画像あり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました