高倍率ズームレンズを半年間使った感想【TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO】

カメラ

高倍率ズームレンズのレビューです。

TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO APS-C専用 B016Eを半年間使用していたのでその感想を書きたいと思います。

携帯性抜群のレンズ

高倍率ズームレンズの魅力の一番は携帯性です。

これ一本で広角から望遠までまかなえるので重いレンズを何本も持ち運ぶ必要性がなくなります。

特に旅行でカメラを使う人だったら荷物はできるだけ少ないほうがありがたいです。

カメラを買う前は、「いい写真を撮るためだったら荷物なんていくらでも持てるぞ」と意気込んでいましたが、実際に持って行くと重すぎて肩が痛くなりせっかくの旅行が台無しでした。

高倍率ズームレンズは写真撮影だけでなく、旅行そのものも楽しむことのできるレンズです。

レンズ交換が必要ない

もう一つの利点はレンズ交換の手間が省けることです。

広角と望遠でレンズ交換するのは非常に手間です。

望遠で撮ったけどやっぱり広角で撮りたくなったときにカバンを開けて、キャップを外して…となると時間がかかりますし、めんどくさくて撮らなかったときに後悔してしまいます。

また、動物や人間など動く被写体の場合はレンズ交換しているとシャッターチャンスを逃してしまうこともあります。

好きなときに、好きな画角で撮影できるのが高倍率ズームレンズです。

TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO

実際に半年間使っていた高倍率ズームレンズはタムロン製の16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACROです。

スペック表です。

ズーム倍率 (光学)18 倍
焦点距離 (広角側)16 mm
焦点距離 (望遠側)300 mm
F値 (広角側)3.5 f_stop
F値 (望遠側)22 f_stop
レンズタイプズームレンズ
種類標準レンズ
フィルター径67mm
レンズ構成12群16枚
レンズマウントキヤノン EF-S
手ブレ補正あり
付属品レンズフード レンズキャップ
モータータイプ超音波モーター
カラーブラック
サイズキヤノン用VC
レンズ有効径67 mm

広角側16mm、望遠側300mmというズーム域になってます。

Amazonでの取り扱い開始が2014年なので比較的最近発売された部類です。

また、地味に嬉しいのが手振れ補正付きという点です。

高倍率ズームレンズはF値が大きく、暗いところで撮影する場合シャッタースピードを上げないといけないので手振れが心配です。

タムロン独自の手ぶれ補正機構VCが付いているので暗い場面でも安心して使えます。

値段もリーズナブルで、新品だと56,000円、中古は25,000円からでした。

気になっていれば試しに買ってみるのもありだと思います。

画質はどうなの?

広角16mm、望遠300mmもあると画質が心配になるかもしれません。

実際に撮影してみました。

広角側16mm

広角側の16mmで夕日を撮影したときの写真です。

広角なので画像周辺が暗くなる(ケラれる)心配がありましたが、特にそのようなこともなく期待通りの写真が撮れました。

望遠側300mm

広角側と同様に夕日を撮影したときの写真です。

しっかりと夕日の様子が映ってます。

Amazonのレビューだと望遠側の画質が悪いという声がありましたが、個人的には気にならないです。

SNSにアップデートする分には画質はまったく問題ないですし、パソコンの大きい画面で見ても画質が悪いとは思わなかったです。

さいごに

高倍率ズームレンズの紹介してみました。

タムロンの16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACROを半年間使用してみて、外出して撮影することの多い僕はかなり重宝しました。

これ1本で一日撮影できるので、レンズ交換の手間や重い荷物を運ぶ負担もないです。

画質が悪いという意見もありますが、個人的には画質が悪いとは思いませんでした。

画質にこだわる人は最初からAPS-Cではなくフルサイズを買えばいいですし、手軽さを求めたAPS-C機に対応したレンズなので、そこは用途ごとに使い分ければいいかと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました