iOS13.5でマスク着用時のロック解除が高速化した話

ガジェット

iOS13.5にアップデートすることでマスク着用時のロック解除処理が簡略化されました。

具体的にどこが改善されたのか説明します。

マスク着用で認識できるわけじゃない

iOS13.5でマスク着用のロック解除のニュースが出たとき、マスク着用状態でFace IDで顔認識できるようになったのかと思いました。

しかし、実際は顔認識できるようになったわけではないです。

マスク着用時、ロック解除しようとすると認識できずパスコード入力の画面に切り替わります。

このパスコード入力画面への切り替えが高速化されたようです。

具体的には

iOS13.5より前: 顔認識→顔認識失敗→パスコード入力

iOS13.5から: マスク着用状態を認識→パスコード入力

という順番になります。

顔認識できなかった、という状態ではなく、マスクを認識して即座にパスコード入力画面に移ります。

でもけっこう便利になった

マスク着用時でも顔認識できるようになったわけではないですが、iOS13.5のアップデートでロック解除のストレスがなくなりました。

外出先で急いでいるとマスクでロック解除に時間がかかり、イライラする人もいたと思います。

電源を入れて一瞬でパスコード入力画面に行くので「顔認識できなかった」結果を待つ必要もありません。

iPhoneの指紋認証・顔認証

日本人だとコロナ前からマスクしている人が多かったので、ホームボタンのある古いモデルを買う人もいました。

指紋認証(Touch ID)はiPhone 8で廃止され、iPhone X以降は顔認証になってます。

iPhone 11が販売されても、マスクは顔認証できないので敢えてiPhone 8を買うという選択肢もあったと思います。

コロナで日本人だけでなく、世界中でマスクが使われるようになったのでiPhoneの顔認証でのロック解除問題の解決が必要でした。

2020年春に出たiPhone SEでホームボタンが復活し、Touch IDで指紋認証できるのでいいタイミングでリリースできたのではと思います。

また、iPhone X, iPhone XR, iPhone 11は顔認証ですが、iOS13.5でマスク着用時の解除が改善されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました