ZOOMとスマホでリアルタイムに字幕付けする

プログラミング

ZOOMで字幕付け

在宅ワークの普及でオンライン会議が増えてきました。

在宅でできるのは便利ですが、通信状態やマイクの調子が悪かったり、周囲の雑音があったりで聞き取れないことがあると思います。

YouTubeみたいにリアルタイムで字幕が付いていたらなと思うときもあるかもしれません。

筑波大学の落合陽一さんがZOOMのミーティング画面にリアルタイムで字幕を表示させる方法を紹介していました。

音声文字変換とスイッチャーで捗るビデオ文字コミュニケーション / #日々短文雑記

落合さんがnoteで紹介していた音声認識字幕がTwitterで話題になりました。

ZOOMの画面に、字幕を付けるという方法。

ざっくり説明すると、

まず、Googleが開発した「音声文字変換」アプリをAndroidのGoogle Playからダウンロードします。

次にスマホをパソコンに接続し、スイッチャーというアプリでZOOMの画面に音声認識結果を表示していくというものです。

他のツールを使って文字変換の構成を考えている人もいました。

ビデオ会議で音声文字変換を試す

WindowsのZOOMで字幕を表示(Windows + Android)

落合さんの方法ではスイッチャーが必要でしたが、PCととAndroidスマホを用意するだけであとは無料で音声認識できる方法を考えた人もいるみたいです。

PCはWindowsを使っているようです。

Androidスマホの音声文字変換アプリの画面を

  • Vysor
  • OBS

というソフトでパソコンに画面表示しているようです。

上記2つのアプリをWindowsにインストールします。

すべて無料でインストールできるのが利点です。

他にも同様の方法で字幕付けを紹介している人がいました。

MacのZOOMで字幕表示(Mac + iPhone)

落合さんの方法はWindowsのPCとAndroidスマホでしたが、MacとiPhoneでも可能なようです。

noteで構成が紹介されていました。

Mac × iPhone で zoom にリアルタイム字幕

iPhoneではGoogleの「音声文字変換」アプリがダウンロードできないので、代わりに「Speechy」をダウンロードします。

「音声文字変換」に似た音声認識アプリです。この認識結果をリアルタイムでMacのZOOM画面に表示します。

Mac側では

  • QuickTime Player
  • OBS

以上2つのアプリを使います。

Macは持ってるけど、スマホがAndroidという人は下記の方法で試してみてください。

UDトークをZOOMに表示

最後にUDトークという音声認識アプリを使う方法です。

UDトークはマイク音声の音声認識の他、LINEのようなグループチャットも可能で多くの大学で導入されています。

法人プランもありますが無料で利用できるそうです。

ZOOMの字幕機能にUDトークの音声認識結果を表示できるようになりました

たぶんこれが構成として一番簡単かと思います。

さいごに

ZOOMの画面に字幕を自動で作成する方法を紹介しました。

パソコン(WindowsまたはMac)、スマホ(AndroidまたはiPhone)とwebカメラ、マイクがあればできるのでぜひ試してみてください。

リアルタイム字幕があることで、例えば通信が悪かったり周りがうるさいなどで聞き取れなかった場合に便利です。

聴覚障害の方であれば、オンライン会議がスムーズに進むようになると思います。

今まで筆談や、議事録で理解していた会議の内容を音声認識アプリでリアルタイムに表示してくれます。

アプリをインストールするだけで専門的な知識も不要なのでこの方法が教育機関や企業で広まってほしいなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました