2020-05

就活

彼女ができない男子大学生必見!就活も恋活も身だしなみが重要

男性諸君であれば普段眉毛を整えない、という人もいるはずだ。解答としては、「男であっても眉毛は整えた方が良いが、無理のし過ぎる事はない」という程度だ。しかし、母親や姉妹、彼女がいる男子就活生は聞いてみると良い。「俺の眉毛ってキモい?」と。大抵、「キモ過ぎて鳥肌立ってたけど、かわいそうだから言わなかったよ」と言われるはずだ。
カメラ

【SONY RXシリーズ】比較してみた RX100 vs RX100M2 vs RX100M3【画像あり】

RX100とRX100M2では開放F値がF1.8-4.9、RX100M3ではF1.8-2.8でした。広角側でのF値は同じですが、望遠側ではRX100M3のF値が小さいです。つまり、望遠にしたときのボケ具合が大きく、暗い場所での撮影にも強くなります。旅行にサブ機として持って行ったときにポートレートの写真を撮ることがありますが、望遠側でF2.8はありがたいです。
カメラ

【SONY RX100シリーズ】比較してみた RX100M3 vs RX100M4 vs RX100M5 vs RX100M5A vs RX100M6 vs RX100M7【画像あり】

前回の記事で初代RX100、RX100M2、RX100M3の比較をしました。RX100シリーズは小型ボディながらF1.8という高性能なレンズとスマートフォンとは比較にならない大きさの1.0型センサーを搭載しています。今回はよりハイエンドなモデルであるRX100M4から最新のRX100M7までを比較していきます。
カメラ

【2020年版】EOS 80D vs EOS 90D vs Kiss X9i|おすすめはどれ?80Dは十分なセンサー性能と高速連射【APS-C機】

APS-C機のエントリーモデルがKissシリーズなのに対し、2桁Dである80Dや90Dは中級機という立ち位置でより高性能です。有効画素は 2420万画素、動画はフルHDです。 最近はミラーレスが流行ってますが、一眼レフの80Dであれば視野率約100%の光学ファインダーをもっています。オールクロス45点AFなどの本格的なファインダー撮影性が可能です。80Dは動画撮影のオートフォーカスが滑らかという特徴があります。動画撮影時に滑らかで追従性の高いAF を可能とする「デュアルピクセルCMOS AF」を備えています。これにより快適な動画撮影性能を実現しています。
カメラ

F2.8通しの最強標準ズームレンズ【SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM APS-C専用 583545】を半年間使用した感想

F2.8通しの標準ズームレンズのレビューです。SIGMAの標準ズームレンズを半年間使っていたのでその感想を書いていきます。SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM</a>はF2.8なのでボケた写真を撮ることができます。もちろん、F2.8より小さいレンズはたくさんありますが、その分、高価だったりズーム域が狭かったりします。17mm-50mmだと広角と標準を兼ねているので荷物も減ります。価格も3万円と比較的リーズナブルです。
ガジェット

iOS13.5でマスク着用時のロック解除が高速化した話

iOS13.5にアップデートすることでマスク着用時のロック解除処理が簡略化されました。具体的にどこが改善されたのか説明します。ホームボタン(指紋認証)はiPhone 8で廃止され、iPhone X以降は顔認証になってます。iPhone 11が販売されても、マスクは顔認証できないので敢えてiPhone 8を買うという選択肢もあったと思います。コロナで日本人だけでなく、世界中でマスクが使われるようになったのでiPhoneの顔認証でのロック解除問題の解決が必要でした。2020年春に出たiPhone SEでホームボタンが復活し、指紋認証できるのでいいタイミングでリリースできたのではと思います。また、iPhone X, iPhone XR, iPhone 11は顔認証ですが、iOS13.5でマスク着用時の解除が改善されました。
カメラ

高倍率ズームレンズを半年間使った感想【TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO】

高倍率ズームレンズのレビューです。TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO APS-C専用 B016E TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO APS-C専用 B016Eを半年間使用していたのでその感想を書きたいと思います。携帯性抜群のレンズ高倍率ズームレンズの魅力の一番は携帯性です。これ一本で広角から望遠までまかなえるので重いレンズを何本も持ち運ぶ必要性がなくなります。特に旅行でカメラを使う人だったら荷物はできるだけ少ないほうがありがたいです。
プログラミング

ZOOMとスマホでリアルタイムに字幕付けする

Googleが開発した「音声文字変換」アプリをAndroidのGoogle Playからダウンロードします。次にスマホをパソコンに接続し、スイッチャーというアプリでZOOMの画面に音声認識結果を表示していくというものです。他のツールを使って文字変換の構成を考えている人もいました。
タイトルとURLをコピーしました