フルサイズかAPS-Cか

カメラ

一眼レフ買いたいけどフルサイズ?APS-C?

カメラを買うときに悩むのがセンサーサイズ。フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ、1型センサーがありますが交換レンズの豊富さを考えるとフルサイズかAPS-Cの二択になると思います。

それぞれメリット・デメリットを説明していきます。

フルサイズ

名前の通り、フルサイズ。35mmと言われるやつです。

センサーの面積が大きいので多くの画像情報を取り込めます。

画質がよく、暗いところにも強いです。夜景や星空を撮るときに有利です。

背景ボケを作るときにもフルサイズが有利です。

ただしデメリットとして、高価であることと持ち運びが不便であることが上げられます。

フルサイズはカメラ本体だけでなく交換レンズも高価なので、今後レンズを増やしていくことを考えると膨大な出費になります。

また、物理的にセンサーが大きいでのカメラ自体が大きく、レンズも大きくなります。

家で撮ったり、車で持ち運ぶ分には問題ないですが旅行には苦労します。

APS-C

画質はフルサイズに劣ってしまいますが、昼間の風景を撮る分には差は感じないです。

しかし本格的にカメラをやっている人からしたら物足りないと感じるかもしれません。

低価格なことと携帯性が魅力なので画質はそこそこでもいい方はAPS-Cがおすすめです。

画質が劣ると言っても、スマホのカメラに比べると断然高画質です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました